不動産会社へ訪問する際は服装に気をつける

提案される物件に違いが出る

不動産物件を探すときにネットを使うのであれば、自分の好みの情報を自分で探すので服装などの見た目は一切関係ありません。一方不動産会社に行って希望の物件を探してもらうときは自分自身のいろいろな部分を見られるので注意が必要です。意外に影響するのが服装で、TシャツとGパンなどあまりラフすぎる服装だと提案される物件の質が悪くなる可能性があります。わざわざスーツなどの正装をしていく必要はないでしょうが、襟付きのシャツや清潔感のある服装であれば担当者から見た印象が良くなりやすくなりより希望に近い物件を提案してもらえるかもしれません。服装によって物件を探す本気度を見られたりもするので、ラフすぎる服装は避けた方がいいでしょう。

内見をするのを想定した服装

賃貸物件を探すときにはすぐに決めないといけないときもあれば一定の余裕があるときもあるでしょう。余裕があるなら不動産会社に行く初日から内見をする必要はなく、いろいろな物件情報をチェックしてからじっくり決められたりもします。しかしすぐに決めたいときは初日から内見をして早ければその日のうちに契約した方がいいときもあり、それを想定して服装も考えなくてはいけません。内見をするとしたらそれに適した服装があり、できれば動きやすいものがいいでしょう。複数の物件の内見をするとなると結構歩いたりしますし、部屋の中のチェックをするときにはしゃがんだり寝転んだりして確かめるときもあります。その時にも困らない服装で行くようにしましょう。