ペットと住める賃貸部屋とは!?

オーナーが許可したペットの種類と頭数のみ飼育可能

賃貸部屋は基本的に入居者が居住するかテナントが業務のために用途を限定して入っています。なぜなら、予め用途を定めておかなければ経年劣化以外の傷みが建物や部屋に対して発生しやすいからです。また、集合住宅の場合には騒音や臭いの問題があるので、ペットを飼育可能という条件が付いていない限りは原則としてペットの禁止です。このため、ペットを飼育可能な部屋には賃貸契約時に予め届け出ることにより、オーナーが許可した場合に限りペットの飼育が認められています。そして、ペット飼育可能な賃貸部屋だからといって何頭も同時に飼育して良いとは限らず、犬または猫といったオーナーが許可した特定の動物のみの飼育を条件付きで認めるといった方法が一般的です。

飼育条件を別途契約する必要がある

ペット飼育可能な賃貸部屋は、賃貸借契約を行う際に別途飼育条件が付与されています。最初から賃貸借契約書にペット飼育条件と飼育ルールが明記されているとは限らず、別途詳細な飼育条件について契約書や誓約書を記入しなければならないことが多いです。そして、ペット飼育を行う際には、賃料アップや敷金増額といった一定のオーナーが付与した条件を受け入れなければなりません。 また、退去時の原状回復義務についてもペット飼育を行っていた場合には、未飼育の場合と比較して厳しい条件が付与されます。具体的には壁紙を経年劣化具合に関係なく交換する費用や防臭を含む清掃作業費用について予め決めておいた金額を支払うことになります。このため、ペット飼育可能な賃貸部屋を契約する際には、契約内容とペット飼育条件を確認した上で納得してから契約をしなければなりません。